脱毛ADO

気になる脱毛のこと、いろいろと調べてみました。

未分類

自己処理が苦手な人はレーザー脱毛がおすすめ!!

投稿日:2017年9月23日 更新日:

メイクやダイエット・お洒落など、美しさに磨きをかけたいというのは女性の心理ですよね。

ただ忘れがちなのがムダ毛の処理。

肌の露出が多い季節は、自己処理やエステで脱毛をして気をつけているのに、思わぬ場面ではうっかり忘れていて、ムダ毛を披露してしまったという人も多いのでは?。

ここではそんな失敗エピソードを聞いてみました。

A
D
O

もうあんな恥ずかしい思いはしたくない!苦手な人のムダ毛失敗談!!

普段は見せない部分を、急に見せなければいけない場面に遭遇した時にヒヤッとしたという人が多い結果となりました。

失敗談

  • 夏の時期にムダ毛処理をうっかり忘れたとき、電車のつり革につかまる際にヒヤッとしました。(40代/女性/専業主婦(主夫))
  • タンクトップを着ている時に脇毛の処理を忘れてしまって、うっかり手を挙げそうになった時です。(30代/女性/専業主婦(主夫))
  • 学生の頃、夏休みに急にプールに行きたくなり、叔母を誘って行ったものの、”ワキ毛の処理”を忘れていたことに気づきました。すでに高い入場料を払って入場していたので、その日はひたすら両腕を上げないようにしながらプールの隅っこで遊びました。(40代/女性/専業主婦(主夫))
  • 若い頃、急な誘いの日帰り温泉の時。自己処理だと前の日からしてないといけないので。でも、女同士なので脇を上げずにお風呂に入ってました。(30代/女性/パート・アルバイト)
  • 基本冬場は毛の処理をしないのですが、産婦人科で意図せず内診台に乗ることに…。お医者さんはスルーしてくれましたが、ボーボーのすね毛が恥ずかしかったです。(20代/女性/パート・アルバイト)

露出が多い夏などは、腕や足などの見える部分はお手入れをしていても、意外に忘れやすいのが脇毛の処理のようです。

電車でつり革を握る瞬間や手を上げる際に脇毛の処理をしていないことに気づき、ヒヤッとしたという経験が多いようです。

何とか上手くごまかして恥ずかしい思いをしなくて済んだようですが、脇毛は自己処理をする時に必須の場所と言えます。

また、病院の診察や温泉などの急な予定が入った時も、「しまった!」と感じる人が多いようです。

予期せぬ事態も想定して、ムダ毛処理をすることが大切だと言うことが分かりました。

A
D
O

ムダ毛処理が苦手でもトータルにするのがベスト!!

服でムダ毛が隠れる季節に油断して、いざ肌を露出する場面になると、見えないはずのムダ毛が見えそうになってヒヤッとしたという人が多いですね。

また、病院などの意外な場所で、ムダ毛を見られてしまい恥ずかしい思いをしたというコメントもあります。

顔や手先などの常に人から見える場所は丁寧にお手入れをしているのに、うっかりミスでヒヤヒヤしたり、思う存分楽しめなかったりするのはもったいないですよね。

ムダ毛の処理は気を抜かずに、トータルにするのが一番の解決策です。

そんなに時間がないと言う人は、レーザー脱毛で短期間でキレイに処理をするのも一つの方法ですよ。

-未分類

執筆者:

関連記事

彼氏に見せたい肌になる!がきっかけ?レーザー脱毛で全身脱毛したい!

女性にとってムダ毛の処理は欠かせないものですよね。 「肌を見せるファッションや水着のおしゃれを楽しみたい」 「彼氏の目も気になる!でも毎日のお手入れは大変…」 そんな人にとってレーザーによる全身脱毛は …

医療脱毛クリニック選び、何がポイント?どうやって決める?

医療脱毛ができるクリニックは、100院を超える勢いで増えています。 その中で、あなたにピッタリの医療脱毛クリニックを選ぶには、何をポイントに選べばいいのでしょう。 ここでは、女性が医療脱毛クリニックを …

誰もが1度はしたことがある!ムダ毛処理の失敗とは?

エチケットとして欠かせないのがムダ毛の処理ですよね。 顔や腕、自分からは見えないうなじや背中のうぶ毛も気になるという人も多いのでは。 脱毛や除毛方法も最近は増えて、部分や用途に応じての処理をしやすくな …

おトクに利用できる全身脱毛の紹介制度!あなたなら誰を誘う?

全身脱毛は、身体全体のムダ毛処理をおこなってもらうので、どうしても費用がかかってしまいます。 そこで、少しでもおトクに全身脱毛を利用するための方法の一つが、紹介制度を利用することです。 では、自分が誰 …

アンダーヘアは全て処理したほうが良いの?

彼氏と仲が良くなってくると、いつか服を脱ぐ機会があるかもしれませんよね。 そのような時、アンダーヘアの処理は気になるはずです。 アンダーヘアは全て無くしたほうが良いのかと、悩んでいる女性もいるのではな …