脱毛ADO

気になる脱毛のこと、いろいろと調べてみました。

未分類

人に聞くと微妙な雰囲気になる、みんなのムダ毛事情

投稿日:2017年8月5日 更新日:

簡単なのはどれ?ムダ毛の自己処理をどうやってする?

女性にとってムダ毛の処理は欠かせないルーティンの一つかもしれません。

その中で、自己処理をしているという人は多いでしょう。自分で処理をしている人はどんな手段を使っているのでしょうか?

そこで「ムダ毛をどのように処理したことがあるか」についてアンケートしてみました。

ムダ毛をどのように処理したことがありますか?

【回答数】

  1. カミソリ:52%
  2. 毛抜き:17%
  3. 電気シェーバー:16%
  4. 脱毛クリーム:6%
  5. その他:9%

一番手軽にできるのがカミソリ?

回答者の約半数が「カミソリ」と回答しました。

意見を見ると、手軽さについての回答が多いことが分かります。

  • 「一番手軽で安価にでき、一時的にではあるが無くなる方法なので。」
  • 「昔はいろいろと使ってましたが、最終的にはカミソリが一番楽なので使ってます。」
  • 「なんだかんだでカミソリが一番早いから。」

多くの回答者は、楽という理由からカミソリを選んでいることが伺えます。

そして、安価にできるという点も、ポイントになっているのかもしれません。

色々な手段を試してみたけども?

次に、その他の回答ですが、下記のようになっています。

  • 「手軽でお肌にも優しい電気シェーバーがいいと思います。」
  • 「電気シェーバーだと、楽に痛みもなく脱毛ができそうだったので、肌・毛穴へのダメージも少ないイメージがあります。」
  • 「抜いた後は当分処理しなくて良いので抜いていた。」
  • 「カミソリ、毛抜き、脱毛クリームを試したことがあります。脱毛クリームは肌に合わず湿疹が出てしまいすぐやめましたが、毎日のケアにはカミソリ、旅行や夏場は電動の毛抜きを利用しています。」

電気シェーバーや脱毛クリームは、毛穴へのダメージが少ないからという意見がありました。

また、毛抜きをしている人は、ある程度処理をしなくて良い期間が続くことがメリットのようです。

しかし全て試した人がいるようですが、肌に合わずにやめたこともあるようです。

簡単にできるが肌へのダメージも・・・!

回答者の多くが「カミソリ」で自己処理をしていることが、今回のアンケートの結果で分りました。

理由の多くは、簡単にできるからという理由が多いようです。

しかし、なかには、肌の荒れなどで、苦しんだ経験がある人もいることが伺えます。

簡単で安価にできる自己処理ですが、人によっては、肌に合わないケースもあるようですから、肌への影響を気にしている人は、美容クリニックなどに通ってみるのも一つの手かもしれませんね。

A
D
O

薄着の季節!みんなはどのようにしてムダ毛処理している?

自分の時間を削ってまでも行うムダ毛処理は、男性などに見られて恥ずかしい思いをしないために必要だと言えるかもしれませんが、手間は非常にかかります。

そこで今回のアンケートでは、ムダ毛処理はどのような方法で行っているのかうかがってみました。

ムダ毛処理ってどうやってますか?

回答

  1. カミソリで自己処理:80%
  2. 部分的に脱毛クリニック:23%
  3. 全身脱毛クリニック:7%
  4. ブラジリアンワックスなど:4%

まとまった時間が取れない?カミソリでサッと終わらせる!

アンケートの結果によると、8割の人がカミソリで自己処理をすると回答していました。

  • 「どうしてもお金がかかってしまう為素早くできて金額があまりかからないようにしている為。」(40代/女性/会社役員)
  • 「やってみたい気はあるのですが費用のことを考えると自分でやったほうが少しは安くできるからです。」(20代/女性/パートアルバイト)

本来であれば脱毛クリニックなどで脱毛するのが有効的な手段なのかもしれませんが、カミソリに比べると費用がかかってしまうので、自己処理で済ませてしまう傾向にあるようです。

目立つところはサロンなどで脱毛をし、後はカミソリで処理する?

そして約2割の人が脱毛クリニックで部分的に脱毛すると回答していました。

  • 「比較的自分は毛がそこまで濃くないので、目立つとこはセールで安い脱毛クリニックでやり、それ以外はカミソリで自己処理。」(20代/女性/契約派遣社員)
  • 「全身をサロンで脱毛するとお金がかかるけど、やはりサロンやクリニックでやってもらう方が綺麗になるし、自己処理の回数も減って楽なので部分的にサロンに通っています。」(20代/女性/専業主婦)

全身脱毛をするとなると費用がかさみがちになってしまうかもしれませんが、自己処理するよりもクリニックで処理してもらった方が見た目も綺麗になると言えるでしょう。

部分的であれば気になるところだけを処理出来るので、全体的な費用も抑えられそうです。

長期的に見れば安く済む?思い切って全身脱毛する?

三番目に多かったのは全身脱毛をするというものでした。

  • 「総合的に長い目で見て全身脱毛でいっぺんに処理しておけば後がとっても楽だと聞いたので、チャレンジ中です。」(30代/女性/契約派遣社員)
  • 「一度やってしまえば、その後に都度処理をしなくてすむし、綺麗だから。」(40代/女性/専業主婦)

自己処理を繰り返していると肌に負担をかけるかもしれませんし、全身脱毛をして一気に脱毛してしまえば自己処理の必要性がなくなると言えるようです。

自己処理と全身脱毛を比較してみると、結果的に費用がかからなくて済むかもしれません。

リスクを避ける為にもブラジリアンワックスなどを使う?

そして最も少なかったのはブラジリアンワックスなどを使うというものでした。

  • 「カミソリで剃ったら色素沈着のリスクの大きいところには、ブラジリアンWAXをする。」(40代/女性/無職)
  • 「すでに、永久脱毛をしているので、部分的にブラジリアンワックスをしています。」(40代/女性/会社員)

カミソリで自己処理を繰り返していると色素沈着などの肌トラブルを起こすリスクがあるので、ワックスなどで対応するのが効果的かもしれません。

永久脱毛した後の手入れにもワックスなどは欠かせないのではないでしょうか。

時間がないなら自分で処理するが、クリニックで脱毛する?

今回のアンケート結果では8割と大多数の人がカミソリで自己処理するようですが、部分的や全身脱毛をするという人なども多くいるということがうかがえました。

全身脱毛などをする場合よりも、カミソリなどで自己処理をした方が費用も安く抑えられる上に手早く処理を済ませられるでしょう。

しかし、総合的に見ると自己処理でムダ毛処理にお金をかけるより、全身脱毛などで一気に脱毛してしまえばその後にかかる費用は限りなく抑えられるかもしれません。

毎日の自己処理が面倒に感じるならクリニックなどでの全身脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

A
D
O

背中のムダ毛って自己処理できる?脱毛サロンに任せる?

女性にとってムダ毛の処理は身だしなみ…。

日々格闘している女性も多いはずです。

いつ何時でもすべてを完璧に処理しておきたいと頑張る人もいるかもしれませんが、なかなか自分では手入れが難しい箇所や衣服で隠してしまえるところは怠りがち…という人もいるかもしれませんね。

ムダ毛にもいろいろありますが、自分では手が届きにくい背中ってみんなどうやって処理しているのでしょうか?

自己処理が多いのでしょうか?それとも専門機関に通っている人もいるのでしょうか?

ということでアンケートをとってみました。

背中のムダ毛ってどう処理していますか?

回答

  1. 放置:63%
  2. 自分で剃れる所だけ剃る:17%
  3. 脱毛クリニックに通う:5%
  4. 友達・彼氏に剃ってもらう:5%
  5. その他:10%

気になる程じゃない場合もあるけど、自分で見えないし届かない!

アンケートの結果、背中ムダ毛は処理せず放置しているという人が圧倒的に多いようでしたが、その実情は人それぞれに少しずつ違いはあるようです。

  • 「放置をすると言うか、気になったことがないから剃ったことがない。」(10代/女性/学生)
  • 「あまり背中を露出するスタイルのファッションは、着ないので、気にしない。」(40代/女性/パートアルバイト)
  • 「自分ではなかなかお手入れできないし、人に頼むのも恥ずかしいので、なにもせず露出も避けています。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「手も届かないし 自分でも見えないので全く気にしません。でも 夏に海に行く時とかは さすがに剃るかも。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「ウエディングの時はエステに行って綺麗にそってもらったが、普段は放置。水着の時も放置。恥ずかしいから脱毛したいが、結婚して子どもができたら、今更って思って諦めてしまう。」(20代/女性/専業主婦)

背中のムダ毛を放置しているという人の中には実際気になるほどのムダ毛が生えていないという人も見受けられました。

また自分では見えにくいからというのも理由のひとつかもしれませんが、多少は気になりながら人に頼むのが恥ずかしいという思いを持つ人には女性としての恥じらいが感じられるようです。

また自分では手が届きにくいという現実的な理由も頷けますし、処理できなければ背中を露出するような服を着ないようにするという対策は手軽な対応としては良いかもしれません。

頑張って出来る所だけ自己処理!やっぱりできなければ人に頼む?

アンケートの結果、2番目に多かったのは自分で剃れる所だけ剃る、3番目が同数で脱毛クリニックに通うと友達・彼氏に剃ってもらうという順でした。

▼「自分で剃れる所だけ剃る」を選んだ方のコメント

  • 「剃れる箇所だけがんばって剃りますが、無理な箇所は基本的に放置です。」(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 「比較的肩が柔らかいのでだいたい自分で処理している。ただ、扱いを誤って切り傷ができることも。」(30代/女性/自由業・フリーランス)

▼「脱毛クリニックに通う」を選んだ方のコメント

  • 「自分ではできないのでクリニックに行ってやってもらうのが一番にいいかなと思います。」(20代/女性/会社員)
  • 「背中と両脇の脱毛は、まだ今のように脱毛が主流になっていない時に行いました。見えないからこそコンプレックスでした。」(40代/女性/その他専門職)

▼「友達・彼氏に剃ってもらう」を選んだ方のコメント

  • 「普段はあまり濃くないので放置。イベントがあると旦那にやってもらう。」(30代/女性/その他専門職)

剃れる所だけ自分で剃っている人もそれなりにいらっしゃるようで、場合によっては切り傷をつくてしまいながら自己処理している人もいるくらいみなさん頑張っている様子がうかがえました。

またやはり背中は自分で十分処理しきれないからなのでしょう、必要な時は身近な人に頼むという考えも恥ずかしくなければいいかもしれません。

一方コンプレックスを抱えていたり、自分ではやはりできないと判断した場合、プロに任せるという意見もみられました。

必要無ければ放置する?身近な人に頼む?それともプロ任せ?

背中のムダ毛については結構放置している人が多い結果となりました。

確かに自分では見えにくい箇所であるのは間違いないですし、手が届きにくく場合によっては無理すると傷つけてしまう恐れもありますよね。

人に頼むのも恥ずかしいと感じている人もいらっしゃるようでしたが、必要な時は友達や彼氏、その他の選択肢では母親など誰か信頼できる身近な人に頼むことができれば背中を出す機会もしのげるかもしれません。

背中は服を着れば隠せる箇所…しかし人によってコンプレックスに感じたらそんなことは関係ないのでしょう。

また自己処理は無理と感じたり、頼める人もいない場合、脱毛クリニックなどに任せるのもひとつの選択肢かもしれません。

A
D
O

冬のムダ毛処理どうなる!?徹底アンケート!

冬は長袖やタイツも増え肌を隠すことが増える季節です。

そのためムダ毛の処理も少し気が緩んでしまうということもあるのではないでしょうか。

特に夏であれば肌を出すことが多いために人目も気になってしまいますが、冬であればなかなか人目にも尽きません。

そこで今回は冬のムダ毛処理のペースについてアンケートを取ってみました。

冬のムダ毛の処理、どうしていますか?

【回答数】

  1. 除毛・剃毛するが夏よりペースが落ちる:47人
  2. 何もしない:19人
  3. 脱毛するが夏よりペースが落ちる:16人
  4. 夏と変わらず除毛・剃毛する:12人
  5. 夏と変わらないペースで脱毛する:6人

やっぱりペースは下がっちゃう…ペースが落ちる人が圧倒的!

なんとおよそ半数の人が夏よりもペースが落ちてしまうという回答となりました。

露出の機会が減ることや人目を気にしなくても良いというところも影響してくるようですね。

  • 「顔は季節に関わらずしていますが、洋服で隠れてしまう箇所は、寒いので、夏よりもペースが落ちます。」
  • 「隠れる季節なのでちょっと怠慢してしまいます・・・雑だからそり残しとかもしばしば。」
  • 「見えないからと思い,人と会わない限りやはり夏よりは回数が落ちる。」
  • 「手入れすると荒れるから、どうしても「見られないならいいかな」と思いがちになるから。」
  • 「露出することが減るので、ついついさぼりがちになる。出かける時は忘れないようにしているつもり。」

乾燥とともにムダ毛処理は肌への負担がかかるということもあるため肌へのトラブルを避けるという意味合いもあるようですね。

特に人目に付かないことで面倒くさいし…という感覚もあるようです。

見えないから良いという感覚もありつつ、人と会う用事があるときはしっかりと処理するように心がける人もおり、多少の怠慢がありつつもただ未処理というわけではないようです。

肌に負担がかかること、そして人目につく機会が少ないことで処理のペースが落ちるということがわかる結果となりました。

乾燥やトラブルはアフターケアも大変になるため、その点も面倒という気持ちに含まれるのかもしれません。

何もしないという人に続いて脱毛もペースが下がるという人も!

続いて多かったのが何もしないという回答、特にタイツや長袖、パンツも長いものを利用するために人目に付かないし面倒くさいということもあるようですが、旅行などで出かけるときは処理をするという機会があれば処理をするという考えも。

  • 「タイツをはいたり、ズボンを着用したりするので、冬の間は完全にさぼっています。」
  • 「冬は肌を出すことがないので、特に処理はしていない。例えば、友達と温泉等の時は少し気にして処理することもある。」

やはり重要になるのは「見えない」というポイント。

中には元々薄いため・すでに脱毛しているため必要ないという人もいますがやはりそれは少数派、ほとんどの人が見えないからサボってしまうという感覚があるようです。

肌への負担や乾燥のために肌を冬場は極力休ませたいという考えも伺えます。

脱毛ペースが落ちるという人もやはり乾燥による肌への影響、人目に付く機会が少ないという考えがありますね。

脱毛は肌への負担もかかるので夏よりもペースは下げたいと考える人も多いようです。

シーズン関係なくという人はいついかなる時も綺麗にしたいという考えが多いようです。

スケジュールにすることやムダ毛が伸びると処理が大変になるということでこまめな処理をと考える人も多いようですね。

また、ジムなどで水着になる場合に人目に付く、脱毛という人もペースが落ちるとめんどくさくなってしまうためスケジュール化しているという人も見られました。

人目に付かない季節だから少しくらい大目にみる?

多くの回答で「人目に付かない」という言葉が目立ち、他にも「乾燥・肌を休めたい」という考えも同時に目立ちます。

特に人目に付かないので乾燥からも肌トラブルが起こりやすくなってしまうため、処理のペースが落ちるという人が多いようですね。

反面ジムに通っている場合などは夏場と大差なく人目に付くため、処理を怠ることはないなど理由は様々です。

清潔に保ちたい、いつみられるかわからないからと変わらず処理を続ける人も多いようですね。

理由は様々ですが、乾燥しやすい、トラブルが起きやすいということを避けるためにも怠慢以外の理由で冬の処理ペースは落ちるようにも考えられますね。

しかし、来年を見据えて、今の時期からクリニックなどで 永久脱毛をはじめる人も何人かいらっしゃいました。

A
D
O

気になる旅行中の脱毛!あなたは処理派?処理しない派?

これから肌の露出も増えてくる季節で、女性のみなさんの気になることといったらやはりムダ毛と回答する人が多いでしょう。

普段は気づいたとときに処理すれば済むと思いますが、旅行中はいかがでしょうか?

道具をもっていくのはかさばるかもしれない、備え付けの剃刀では剃刀負けしてしまうかもしれない・・・などの不安を抱える人も多いかもしれません。

でも、処理忘れに気づき、「あ!脱毛していればよかった!」という場面に遭遇する人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、旅行中のムダ毛の処理に関してアンケートをとってみました。

旅行中のムダ毛の処理ってどうしていますか?

回答

  1. 旅行前日だけ処理すればOK:56%
  2. 旅行中も処理する:32%
  3. 特に意識しない:12%

半数超え!実はあまり気にしない女性が多い?

旅行の前日に処理をすると回答した人が5割を超える結果となりました。

  • 「あまり長期の旅行はしない(長くても3,4日)から、そこまで神経質にならないから、個人的に旅行中は思い切り楽しみたいため、ムダ毛処理に意識を向けないです。」(10代/女性/学生)
  • 「二泊くらいならば、事前に処理をしておけば十分に保つと思います。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「あまりするとカミソリ負けするので、旅行前日1度のみで大丈夫にしている。」(40代/女性/パートアルバイト)
  • 「旅行先へムダ毛の処理用品を持っていくと荷物になるため。また、旅行先にいってまでするのがめんどくさいため。」(20代/女性/専業主婦)

短期旅行の場合には前日に処理をするのみで、神経質になりすぎて旅行を楽しめなくなるのは嫌、あとは気にせず旅行を楽しみたいという考えがうかがえます。

やはり毎日処理するのは少し面倒、というのが女性の本音なのかもしれません。

旅行中だって気が抜けない!ムダ毛の処理は徹底的に

半数には及びませんでしたが、4割を超える人が旅行中も処理すると回答しました。

  • 「ワキなどは旅行前日に毛抜きを使い、その他のところは旅行中に処理する。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「脱毛に通ってるので1泊の旅行だったら気にしないですが、2泊以上だと、腕がまだ生えてくるので気になるからです、冬は長袖で隠せるので気にしません。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「必要とあれば自己処理します。前日にも処理はしますが、念の為にいつも使っている安全カミソリも旅行に持参します。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「抜くなどの場合は、埋没毛が無い限りは止めてても、カミソリで処理したものは、次の日も生えてくるから。」(40代/女性/無職)

毎日生えてきてしまうものだからやはり気になってしまう人が多いようです。

旅行中も処理すると答えた人の多くは、ワキなどの毛抜きで対応できるところはあらかじめ毛抜きを使って処理しておき、他のところは旅行中に剃刀などで対応し2つをうまく使い分ける、といった意見でした。

せっかくの旅行中なので、少しでも手間を省きたいという気持ちがうかがえます。

気にしない女子は頭をフル回転していた!

約1割の人が意識しないと答えましたが、対策を処理以外で行っているようです。

  • 「、永久脱毛をしていて、気にする箇所はそんなにないので。」(40代/女性/会社員)
  • 「口元だけシェーブすることはあるけれど他は見せないようなファッションで隠しておく。」(40代/女性/その他専門職)
  • 「ムダ毛が見えない衣服を用意するように心掛ける。足のムダ毛処理で、両足が人に見せたくない状況にあるからズボンを穿く、腕のムダ毛は基本処理しません、ワキの方は毛抜きで抜きますが・・・。」(30代/女性/無職)
  • 「そこまで意識しているとキリがないので、特に気にすることはありません。」(20代/女性/自営業(個人事業主))

この回答で1番多かったのが、服装でムダ毛を隠すという理由でしたが、夏になるとそうも言ってられなくなってくるので更なる対策が必要となってくるかもしれません。

そして次いで多かったのが脱毛に通っているので意識せずに済むというもので、中には永久脱毛ですでに心配する箇所はないという意見もありました。

面倒くさい!だけど、ムダ毛はないに越したことはない・・・

アンケートの結果、旅行中にムダ毛の処理をするかしないかは大きく2つにわかれました。

ですが、どの回答にも共通して言えるのが綺麗でいたいけど、旅行中にまで気にしなくてはいけないのは面倒だということ・・・ そんな中で「意識しない」という回答の中にあった「専門機関で脱毛済み」というキーワード。

旅行の際に荷物がひとつ減り、ムダ毛のことを気にせず楽しめるという利点から、毛抜きで処理をして埋没が気になる人や、剃刀負けに悩んでいる人は特に脱毛クリニックなどでの脱毛を考えてみても良いかもしれません。

A
D
O

脱毛したい!そんな思いを抱くようになったのはいつから?

女性にとってムダ毛はおしゃれの大敵。

特に肌を見せることの多い夏までにはなんとかしたい!と思っている人も多いのでは?

脱毛を行うクリニックでは学割サービスを行うところもあるなど、若いうちからムダ毛を気にしている人も少なくないようです。

では、皆さんはいったい何歳ごろからムダ毛に悩むようになったのでしょうか。

アンケートをとって聞いてみました。

自身のムダ毛いつ頃気になり始めましたか?

【回答数】

  1. 10代:87%
  2. 20代:7%
  3. 30代:3%
  4. 気になったことがない:3%

9割近くが10代からムダ毛に悩んでいた!

アンケートで最も多かった回答は「10代」。

圧倒的多数を占めています。

  • 「元々二次性徴が早かったことが合って、周りより早いうちからムダ毛が気になっていました。」(30代/女性/無職)
  • 「中学に上がってから、プールの授業でかなり気にしていました。クラスの友人に影響を受けて、自分も気にし始めた気がします。」(20代/女性/学生)
  • 「生え始めるのが周りと比べて早かったので、小学校高学年から気になりだしました。」(20代/女性/専業主婦)

第二次性徴の始まりとともに、ホルモンの影響もあって徐々に体毛が濃くなり脇毛も生え始めます。

最近では発育の良い子も多いので、小学生から気になっているという回答があるのもうなずけますね。

そうでなくてもデリケートな思春期、プールの時間など憂鬱な思いをした、という記憶のある人も多いのではないでしょうか。

20代・社会人ともなれば身だしなみにもより気を遣います

2番目に多かったのは「20代」。

10代と20代ではどんな心理の違いがあるのでしょうか。

  • 「学生の頃からムダ毛があったけれど、学生時代は美容にさほど関心がなく、気にしていなかった。社会人になってから、ムダ毛が気になりお手入れを始めたので。」(40代/女性/その他専門職)
  • 「21歳くらいのときムダ毛が増えたような気がしました。それまでは普通に処理してましたが、目立たなくする方法を考え始めました。」(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 「20代の夏頃気になり始めました。水着になる機会があった時にとくに感じました。」(30代/女性/無職)

社会に出て身だしなみを気にするようになったり、あるいは大人としての美意識の高まりに連れてムダ毛に対する関心も強くなっているようです。

また、体毛の生え方には個人差があるので、10代より20代になってから濃くなったという人も。

中高校生時代よりおしゃれもレジャーも自由に楽しめる年代になると、ムダ毛処理はより切実な問題になってくるようですね。

30代・ムダ毛のないすべすべ肌は大人の女のたしなみ?

3番目は2つの意見が同数でした。まずは「30代」という意見から。

  • 「20代の内は気にしていませんでしたが、30代となると流石に。」(30代/女性/会社員)

「20代」と答えた人の中には10代のうちは気にしていなかったが社会人になると…と答えた人がいましたが、それがそっくり10年スライドした形です。

若いときは多少のムダ毛は健康美のうち、でも30歳を過ぎたら大人としてもっともっと身だしなみに気を遣わなくては、ということでしょうか。

生まれつき体毛が薄いといううらやましい人も!

「30代」と答えた人と同数で、なんと「気になったことがない」という人も。

その理由は?

  • 「今まで自分のムダ毛というものを全くそった事がなく、妹や母親、友人に羨ましがられる。」(20代/女性/会社員)
  • 「今までに度も気になった事が無く、親や友人に羨ましがられる。」(20代/女性/会社員)
  • 「人間なのでしかたないし、あまりきにしたことはありません。元々濃いほうでないからという理由もありますが。」(30代/女性/パートアルバイト)

生まれつき体毛が濃く悩んでいる人からすると信じられないような意見かもしれませんが、これが個人差というもの。

ムダ毛の自己処理は肌に負担となりますし、本格的な脱毛はどうしてもお金がかかります。

そうした手間や負担がいらないほど体毛が薄い、というのは、女性としては何ともうらやましい限りですね。

みんなムダ毛に悩んでる・良い脱毛方法を見つけよう!

10代から20代でムダ毛の悩みを抱えるようになった、という人がほとんどであることがアンケートの結果からわかります。

生まれつき体毛の薄い人も少数いるものの、多くの女性にとってムダ毛処理は共通の悩みといえそうですね。

それだけに情報も多く、またさまざまな処理方法もあります。

その中から自分に合ったものを見つけてすべすべの肌を手に入れ、自信を持っておしゃれを楽しみたいものですね。

A
D
O

みんな気にしている?「私のムダ毛って多いのかも・・・」

ムダ毛の処理って、いつも女性の頭を悩ませている材料ですよね。

夏、水着になった時や旅行で友達と温泉に入った時・・・つい、周りと自分のムダ毛を比較してしまうこと、ありませんか?

毛が少ない人を見ると、いいなあ~なんて思ったりしますよね。

そこで、全国の女性に、自分のムダ毛が多いと思ったことがあるか、アンケートをとってみました。

自分ってムダ毛が多いのでは・・・?と気にしたことがありますか?

【回答数】

  1. Yes:81%
  2. No:19%

実はみんな自分のムダ毛に悩んでいた!

アンケートの結果、自分のムダ毛が多いと思ったことがある人の方が多い結果となりました。

  • 「半袖になった時などに、友達とかは腕もワキも全然毛が生えていないのを見て、私は処理しても残ってしまうのにどうして…と思った事があるから。」(20代/女性/学生)
  • 「夏になると肌を見せる機会が多いのですが、一緒にいる人にムダ毛がないとそのように思います。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「とくに背中の毛。自分で剃るのですが、剃った毛の量を見てぎょっとする。」(20代/女性/専業主婦)

なんと八割以上の女性が、自分のムダ毛の量は多いと思っていることが分かりました。

やはり、友達と比較して自分の方が多い、と思ってしまう人が多数のようですね。

また、毛を処理した時に多く感じる、という意見も挙がりました。

しかし、ほとんどの人が多いと思っているのならば、平均的な毛量の人も悩んでいるということです。

そこまで気にしすぎる必要はないかもしれませんね。

少数ながら、気にしたことのない人も!

自分のムダ毛が多いと思ったことが無い人は、少ない結果となりました。

  • 「もともと体毛が薄いほうなので、あまり毛で悩んだことがないから。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「体質的に体毛が薄いため、どちらかというと髪の毛の薄さのほうが気になる。」(40代/女性/契約派遣社員)
  • 「薄い方です。子供の頃は、ずっと生えてこないのではないかと心配していました。」(40代/女性/パートアルバイト)

少ないながらも、ムダ毛が多いという悩みを持たない人もいました。

ムダ毛が少ないなんて、うらやましい!と思う女性も多いのではないでしょうか?

しかし、中には、毛の薄さで悩んでしまう人もいるみたいですね。

ムダ毛だけではなく、髪の毛も薄くて嫌だ、という声も挙がりました。

多かれ少なかれ、女性にとって、毛に関しての悩みは尽きないもののようです。

ムダ毛に関する悩みは尽きない・・・

アンケートから、毛量が平均的な人でも、自分のムダ毛がは多いのではないかと考えている人が沢山いることが分かりました。

ただ、平均的だからといって、ムダ毛が気にならなくなる訳ではありませんよね。

女性は皆、ムダ毛のことで悩んでいるようです。

しかし、毎日のムダ毛の自己処理は面倒でトラブルも多いもの・・・ムダ毛はプロに任せて、悩みを解消しませんか?

クリニックで脱毛すれば、他人と比較して落ち込むこともなくなりますよ。

一度、検討してみてはいかがでしょうか。

A
D
O

気になるムダ毛のケア!何歳までやる?

ノースリーブや水着など、肌の露出する機会が多い季節になると、多くの女性は、ムダ毛に対する悩みが大きくさせるのではないでしょうか。

最近では、男性もムダ毛の処理をするの人が増えつつあり、見る事、見られる事への意識の強さを伺わさせます。

でも寄る年波にはかないません。

その高い意識もいつかは薄れて、外見なんかどうでもいいと思う時が来るのでしょうか…?

そこで今回は、ムダ毛のケアを何歳までしようと思っているか、アンケートをとってみました。

何歳までムダ毛ケアをしたいと思いますか?

【回答数】

  1. 60代:54%
  2. 50代:21%
  3. 30代:13%
  4. 40代:12%

いつまでも「女性」でいたい!60代という回答が多数!

アンケートの結果、60代という意見が最も多い結果となりました。

  • 「いつまでもキレイでいることに気を使っていたいので、何歳になっても、体が不自由にならない限りしたいと思います。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「できれば一生。ムダ毛ケアは女性のたしなみの一つだと思うから。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「60代頃になると達観してムダ毛の事など気にならなくなるかな、と思うから。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「自分のことが自分でできるうちは、女性として身ぎれいにしていたいです。」(40代/女性/会社員)
  • 「一応生きていて身の回りのことを自分でできる限りはちゃんとしていたい。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「毛が薄く気にならなくなるまでです。ですのでこちらの回答を選択しました。」(30代/女性/専業主婦)

「60代といわず、いつまでもみだしなみに気をつけていきたい」というニュアンスの意見が多いですね。

やはり女性は生涯を通して、自分の見た目を、美を磨いていくものだという「決意」にも似た強い意志が、回答から伺えます。

「多分60代には毛が薄くなっているだろうから」なんていう面白い意見もあります。

いつ薄くなるかは、元々薄い人や濃い人、きっと個人差があるでしょう。

早いところ、あのやっかいなムダ毛の処理から解放されたいですよね…。

「達観」する世代!50代という回答も

アンケートの結果、「60代」に次いで多かった回答は、「50代」、次いで「40代」、「30代」の順となりました。

▼「50代」を選んだ方のコメント

  • 「50代以上はもう他人の目をそれほど気にしなくてもいいかなと思います。」(40代/女性/パートアルバイト)

▼「40代」を選んだ方のコメント

  • 「女性として見てもらえる年齢。それ以降はムダ毛の生えるスピードも変わりそう。」(20代/女性/会社員)

▼「30代」を選んだ方のコメント

  • 「30代になると結婚して子供を考える年になります。その頃に脱毛を完了していれば、妊娠中や子育て中の忙しい時にムダ毛を気にする心配がないからです。」(20代/女性/学生)

「50代」と回答した人の意見には、「もうムダ毛が気にならなくなっているはずだ」という意見が多くありました。

60代と回答した「美への強い探究心」とは一線を画し、現実的な意見といえます。

理想と現実を、しっかり想像できている感じが、回答から伺えます。

「40代」と回答した人で「女性として見られる年齢が40代までだから」という意見もありました。

「30代」と回答した人の意見には、「もうその頃には、永久脱毛が終わっているだろうから」という意見が。事前に脱毛の計画を立てているのがわかります。

「理想」と「現実」美とは?女性とは?

アンケートの結果、ムダ毛処理を「60代」までしていたいと答えた人が多数という結果になりました。

いつまでも「女性」でいたいという理想と、でも実際はこんなものだろうという現実が入り混じった、美に対する「苦悩」のようなものがアンケートから伺えます。

先をみすえて、永久脱毛の計画をたてている意見もありました。

ぼんやりとした理想だけではなく、きちんと先を想像できるイマジネーションを持つことが、人より一歩先行く「美」への近道なのかもしれませんよ!

A
D
O

脱毛しておけば良かった…ムダ毛処理を忘れた皆の失敗談!

勝負の夜、いざ服を脱いでみたら、立派なムダ毛さんがコンニチハ……そんな青ざめるような出来事、みなさんは経験されたことはありませんか?

露出の増える夏は特に、ムダ毛処理にまつわる、うっかりトラブルが増える季節。

そこで今回は、ムダ毛処理で失敗したことについてのアンケート結果をご紹介します。

ちょっと笑えるようなミスから、悲鳴を上げそうになるショッキングな事件まで…思わず自分は大丈夫?!とチェックしてしまうかもしれません。

ムダ毛処理を怠って”やってしまった!”体験はありますか?

【回答数】

  1. Yes:89%
  2. No:11%

安心して!9割近くは「やらかし済」

アンケートの結果、9割近くの方が「Yes」と回答されました。

  • 「結婚式の日に、腕のムダ毛の剃り忘れに気付いたため、お色直しの際に、担当者にお願いして剃らしてもらった。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「ダンスをやっている時に、予告なしに袖なしの衣装を着る機会があって処理が甘かったので焦りました。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「冬に友達と旅行中のお風呂で毛の処理をしていなくて、ボーボーを見られた。」(30代/女性/専業主婦)

予定外の肌の露出となると、焦りを感じる方は少なくないようです。

また、結婚式や旅行のイベント事であっても、やはり、うっかりミスはなかなか防げないもの。

すぐに処理できる環境であれば、その場はしのげるかもしれませんが、何よりも、自身の記憶に残るショックとなることでしょう…。

処理する習慣がついていないと、ハレの日にはどうしても、ピンチを招く確率は上がってしまうのかもしれませんね。

見習いたいです…パーフェクトな人はどうしているの?

一方で、「No」はおよそ1割に留まっています。

  • 「特にないですが、そうならないようにいつも身だしなみを整える努力はしています。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「夏の時期の薄着にしろ、SEXにしろ、ムダ毛は処理していないと話にならないから。」(40代/女性/無職)
  • 「肌をさらす機会があるであろう時は必ず処理しているので、とくに困ったことはない。」(20代/女性/専業主婦)

見習わなければと思うような、しっかりものの皆さんの意見が集まりました。

美意識の高い方や、ムダ毛の処理を毎日の習慣にできている方は、普段から「万全の体制」。

ムダ毛による悲劇には出くわしていないようです。

「毎日お手入れなんてできないよ…」という方であれば専門クリニックやサロンでの、きちんとした脱毛を受けてみるのもアリですね。

自己処理よりもはるかに煩わしさも軽減できるそうですよ。

専門機関で脱毛をはじめるきっかけはあなた次第…

いかがでしたでしょうか。

皆さんやはり、ムダ毛との付き合い方には、苦労されているようです。

笑い飛ばせるうっかりであればいいのですが、この際、本格的な脱毛を考えるのもひとつかもしれません。

「転職して、腕や脚が露出する制服になった」「彼氏ができた」「ダイエットに成功して、肌見せファッションをしたくなった」等々、自分の生活環境が変わるタイミングで思い切ってみるのもいいですね。

新しいキレイを手に入れて、うっかりトラブルとお別れしてみませんか?

A
D
O

分かっているけれど、つい・・・ムダ毛の処理をさぼりがちな時期は?

脱毛をすっかりさぼってしまって、予定外に露出しなくてはならない時に、ぎょっとすることがありますよね。

急に病院で検査が必要になった時、足のムダ毛がぼうぼうになっていて、イケメンの検査技師さんに見られ赤くなってしまったり…なんて。

いつ何があるかわからないですから、ムダ毛の処理は怠らず、常にキレイにしておきたいですね。

と分かっていても、忙しい毎日で抜かりなく処理するのも大変だから・・・ムダ毛の処理を怠ってしまう時期・シチュエーションについてアンケートをとってみました。

ついつい脱毛を怠ってしまう時期・シチュエーションは?

【回答数】

  1. 冬など露出のない時期:91%
  2. 彼氏とのデートがないとき:7%
  3. 旅行中:0%
  4. その他:2%

冬場は寒いし見えないから、まぁいいか…と、なりがち

9割の方が、冬など露出のない時期にさぼってしまう、と回答しました。

  • 「洋服を着込む時期で腕や足を出す事がない時期なのでワキなどの処理もしなくなります。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「冬の失敗談は結構あります。診察の時にやっちまったことが何回も。学習は出来ない。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「冬は薄着になったり肌を出さないので。また寒いのでなかなか肌を出して処理したくないので。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「どうせ見えないしと、そんなに頻繁に行わなくなってしまう。肌トラブルが少なくなるしいいか、とついつい言い聞かせてしまう。」(30代/女性/無職)

冬に脱毛をさぼりがちになるのは、見えないことによる緊張感のなさが原因のようです。

病院の診察や、検査などで恥ずかしい思いをしたり、飲み会の席で不意に暑くなったものの脱ぎたくても脱ぐわけにいかず、一人サウナ状態になったり…幾度もそんな目に合っているのに、見えない部分に不精になるのは人の性でしょうか。

いつ何が起こっても対応できるように、きれいにしておきたいですね。

脱毛するのは、デートをする時。しないのは、デートしない時。

次に多かった回答が、「彼氏とのデートがないとき」でした。

  • 「見えている所は年中気が抜けないのですが、見えない所のお手入れは、彼氏がいないと完全に手を抜いてしまいます。」(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 「彼との約束がない時は伸び放題。普段は見えてるとこだけかな~めんどくさいもん。」(40代/女性/会社員)
  • 「見せる必要もないので、ついつい油断して脱毛せずに放置している。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「彼氏と会わなかったら、あまり人から見られている感(彼氏に対しては見せたい感・見てほしい感かもしれませんが)がなくなってしまうため、あまりお手入れしないです。」(20代/女性/専業主婦)

彼氏とのデートがあるかないかは重要ですね。

脱毛する・しないは、見せるか見せないか、または見られるか、見られないかに尽きるかもしれません。

かといって、彼氏がいるときだけ脱毛に精を出していると、不測の事態で悲劇に見舞われることが多いようです。

あとで思い出しただけで、顔から火が出るほど恥ずかしい思いをすることになりかねないので、怠らずに常に頑張ったほうがいいでしょう。

不意にやってくるビッグチャンスのために、いつでも美肌!

ムダ毛の処理に精を出すのは彼氏がいる時、怠けるのは冬場と彼氏がいない時、という分かりやすい結果になりました。

なんだ、みんな同じか…とほっとしている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、人生には何が起こるかわかりません。

チャンスと言っていい喜ばしいアクシデントで、ムダ毛があるばかりにそのチャンスを活かせなかったり、さまざまな場面でムダ毛を披露するはめになったり。

もちろん異性に限らず同性に見られてしまう危険性もあるわけです。

どんな場面にも自信を持って対応できるよう、ムダ毛の処理は怠らず、美肌を保っていたいですね。

A
D
O

しっかりやったつもり。でも、ついムダ毛処理を忘れてしまう箇所とは?

他人にみっともなく見られないように、ムダ毛処理は完璧にしておきたいところですが、ついムダ毛処理を忘れてしまう箇所もあると言えるでしょう。

ついメインの部分ばかりを処理するのに集中してしまい、後から気づいても放っておくことも多くありそうです。

そこで今回のアンケートでは、ついムダ毛処理を怠ってしまう箇所はどこか伺ってみました。

ムダ毛処理、ついつい処理を忘れてしまう箇所は?

【回答数】

  1. 指・手の甲:39%
  2. 太ももの裏:22%
  3. うなじ:15%
  4. ひじの裏:14%
  5. その他:10%

指は意外と忘れる?他の部位より目立たないので忘れてしまう!

アンケートの結果によると、約4割の人が指や手の甲のムダ毛処理を忘れてしまうと回答していました。

  • 「面積の広い部分に気を取られがちなので、小さくてあまり目立たないは、後回しになって忘れがちです。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「大きなところばかり目がいって手を使うので、そこの手入れが終わればOK的になってしまうことがあります。」(30代/女性/会社員)
  • 「毛自体が薄くて見えにくいせいか、手の甲と指の毛は忘れてしまう事が多い。後から、気付いて処理し直す事もあるが、大体 忘れた場合は、ほっといてる事が多い。」(30代/女性/自由業・フリーランス)

腕などの面積の広い部分ならムダ毛処理を怠らないのかもしれませんが、指や手の甲や面積が狭く、さらに毛質も細いため処理を後回しにしてしまう傾向にあるようです。

後から気づいて処理すればいいのでしょうが、ちょっと面倒くさくて放っておいてしまうことが多いのかもしれません。

自分では見えにくい部位はつい処理を怠ってしまいがちになる?

そして次に多かったのは太ももの裏であり、その次にうなじ、ひじの裏と順に回答していました。

▼「太ももの裏」を選んだ方のコメント

  • 「太ももの裏は、見るのが難しいので忘れてしまうことがあります。適当に剃っても綺麗に剃れていないと思うし。」(40代/女性/その他専門職)
  • 「自分では見えにくいし、夏場でも意外と露出の少ない場所なので、水着になる時などに忘れないように気。」(30代/女性/専業主婦)

▼「うなじ」を選んだ方のコメント

  • 「届きにくいっていうのもあるし髪の毛で隠せそうっていう風に思ってしまう。」(20代/女性/無職)

▼「ひじの裏」を選んだ方のコメント

  • 「ひじの裏は剃りにくいし、自分から見えにくいのでついつい剃り忘れをしてしまいます。」(30代/女性/無職)

太ももの裏やひじの裏、うなじはムダ毛処理をしようとしても見えにくいので処理を忘れてしまうことが多いと言えるのでしょう。

特に太ももの裏は処理しようとしても確認するのが難しいのでつい忘れてしまうようです。

うなじに関しても髪の毛で隠してしまえばムダ毛を隠すことも出来るでしょうし、処理が大変に感じる部分ほど剃り忘れるのではないでしょうか。

面積が小さいのもあるが、見えにくいので剃るのも大変?

今回のアンケート結果では最も多くの人が指や手の甲のムダ毛処理を忘れてしまうようですが、その他の部位も忘れてしまうという人数多くいるということがうかがえました。

他の部位よりも面積が小さく、処理しようとしても自分では見えにくくてやりづらい部位は特にムダ毛処理を怠る傾向にあるようです。

ふと気づいて処理する処理することもあるようですが、うなじは髪の毛で隠したり太ももの裏は意外と露出しないのかもしれませんし、指などは毛が薄くて見逃してしまうのかもしれません。

見逃してだれかに見られると恥ずかしい思いをするかもしれないので、脱毛クリニックなどで見えないところの脱毛をお願いするも効果的だと言えそうです。

A
D
O

ムダ毛を服装や小物などでつい隠してしまうこと、ありますか?

ムダ毛は女性ならば大抵の人が気になるポイントですよね。

きちんと処理したつもりでも朝出かける前にチェックしたら、ムダ毛の処理忘れがあった。

こんなトラブルを一度や二度経験した人も多いでしょう。

そんな時には時間もなく面倒なので服や小物、髪型などでカバーするというテクを使う人もいるようです。

そこでムダ毛の処理忘れをファッションでカバーしたことがあるかどうか、100人の女性に聞いてみました。

あなたはムダ毛を処理するのが面倒に思い、ファッションで隠してしまうことがありますか?

【回答数】

  1. はい:92%
  2. いいえ:8%

ついつい服でカバーして、気がつけば肌を出さない格好ばかりに

アンケートでは大多数の92人が経験があると回答しました。

  • 「すね毛とかハイソックスとか黒タイツとかで隠す。脱ぐことがないとわかってればそれでいいかと思ってしまう。」(30代/女性/会社員)
  • 「脚の処理をしていなかったために、スカートはやめてジーンズにすることはよくあります。」(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 「できる限り長袖を着ようとしたり、できるだけ袖のあるものを着たいと思うからです。」(30代/女性/無職) ・
  • 「肩の方とか、袖があれば見えないし。そんなことを言ってるうちに、ノースリーブの服が無くなった。」(30代/女性/契約派遣社員)
  • 「ムダ毛の処理をしすぎるのも肌に負担がかかるので、服で隠せる場合は、なるべくムダ毛を処理せずに隠す。」(30代/女性/会社員)

脚の毛の剃り忘れをタイツやパンツでカバーする人や、ワキ毛の処理を袖のある服でカバーする人が多く見られました。

スネ毛は女性としてはかなりNGでしょうから、スカートを履く時は大変気になりますよね。

パンツならば足が見えずムダ毛もバレませんが、あまりパンツスタイルばかりだとスカートを履くのが面倒になることも有り得そうです。

ノースリーブも同様であり、実際に袖の無い服を着なくなったという人がいました。

そこまで行くと女子力の低下も危ぶまれるかもしれませんね。

肌が弱い人はカミソリ負けしてしまう事も考えられるので、勝負服を着る時以外は避けたほうが良いでしょう。

全身脱毛をしているので、面倒な脱毛とはおさらば

一方でいいえと回答した人は8人でした。

  • 「すでにほぼ全身の脱毛をしているので、ファッションで隠すということはありません。」(40代/女性/パートアルバイト)
  • 「ムダ毛処理は面倒だが、定期的にしているので服で隠すほどではない。」(40代/女性/会社員)
  • 「まさしく、隠してしまうのがイヤで、全身脱毛をしたので、その必要はなくなりました。」(30代/女性/会社員)

いいえと回答した人は、全身脱毛を経験済みであったり、定期的に行っている人のようです。

全身脱毛をしてしまえばかなり面倒な脱毛の手間は省けそうですね。

また定期的に脱毛をするのも効果的であることが伺えます。

一度脱毛を行ってしまえば好きな時に肌が出せるので、気分的にはかなり開放感が得られるのではないでしょうか。

手間をお金で買うと考えれば意外と費用対効果は高いとも言えそうですね。

全身脱毛の効果は大きい、肌が弱い人こそ検討の余地あり

アンケートでは、女性にとってムダ毛の手入れは非常に大きな悩みであり、大半の人が処理が面倒で服装やアイテムで誤魔化している現実が浮かび上がってきました。

一方で誤魔化したことがないと回答した人は全身脱毛の経験者が多いという結果になりました。

全身脱毛をすると費用も相応にかかるのでしょうが、効果自体はかなり満足できるものと言えそうです。

また肌が弱くて脱毛があまりできないという人にも向いているといえそうです。

そしてファッションで頻繁にカバーをしていると露出が下がり、女子力が下がるという傾向もありましたし、そろそろ勝負の年にしたいという人は、思い切って脱毛に挑んでみても良いのではないでしょうか。

-未分類

執筆者:

関連記事

自己処理から永久脱毛まで、だれもが体験する失敗

やっぱり専門機関で脱毛するのが安心です! 薄着の季節が近づくと、ムダ毛が気になるのが女性ですよね。 せっかく薄着のオシャレをしても、きれいに処理されていないと、恥ずかしい思いをするかもしれません。 本 …

アンダーヘアは全て処理したほうが良いの?

彼氏と仲が良くなってくると、いつか服を脱ぐ機会があるかもしれませんよね。 そのような時、アンダーヘアの処理は気になるはずです。 アンダーヘアは全て無くしたほうが良いのかと、悩んでいる女性もいるのではな …

脱毛エステにおいて一般的に使われて

脱毛エステにおいて一般的に使われている施術用の機器は、市販の家庭用脱毛器に比べるとかなり強めの光を照射することが可能です。 それにくわえて照射範囲が広いため、より短い時間で脱毛を終わらせることができる …

女子大学生はレーザー脱毛や全身脱毛に通っている?

大学生になると自分の魅力をアピールするためには「自分磨き」は大きな課題ですよね。 ヘアメイクや衣装選びだけでなく、ムダ毛の処理も大事ですよ。 そのためには、レーザー脱毛などの安全な脱毛の施術を選ぶ必要 …

東京在住の女性の脱毛事情。全身脱毛やレーザー脱毛の経験は?

福岡は「キレイな女性が多い」と思われている、日本一の都道府県です。 でも、日本の中でもさまざまな地方から最も人が集まる東京はどうでしょうか? おしゃれなショップが集まり、医療脱毛クリニックも数多くあり …