脱毛ADO

気になる脱毛のこと、いろいろと調べてみました。

未分類

医療脱毛でVIO脱毛をする前に、ぶっちゃけ話を少しだけ…。

投稿日:2017年7月10日 更新日:

人に聞きづらいビキニライン…レーザー脱毛してる?

ビキニラインのムダ毛は太く、水着の時や着替え、温泉など人目が気になるものです。

どれくらいの人が処理しているのか、レーザー脱毛するべきかなど他の人の意見が気になりますよね。

しかし、デリケートな箇所だけに面と向かって聞きづらいのが現状です。

そこで今回は、ビキニラインの処理をどうしているのか調査を行いました。 【質問】

ビキニラインの処理はしていますか?

回答

  1. 自己処理をしている:50%
  2. していない:33%
  3. レーザー脱毛に通っている:10%
  4. その他の脱毛サロンに通っている:7%

他の選択肢よりはいい?自己処理を選ぶわけ

アンケートの結果、自己処理をしているという回答が最も多い結果となりました。

  • 「vio脱毛が一時期すごく気になっていましたが、恥ずかしさが勝って通えず…水着を着る前だけ、かみそりで自己処理しています。」(20代/女性/パート・アルバイト)
  • 「それほど露出する部位ではないし、自己処理でことが足りているので。」(20代/女性/正社員)
  • 「お金がないですし怖いので、できる範囲をカミソリで自己処理しています。」(20代/女性/無職)

この回答を見ると、人に見られることが少ないので、脱毛したい部位の中でも優先順位が低くなっていることが分かります。

また、場所が場所だけに人の手を借りたくないという意識から自己処理を選択している人も多く、どちらかと言えば消去法による結果のようですね。

必要性を感じない個所は手間を省くという意見も

アンケートの結果、2番目に多かった意見がしていないというものでした。

  • 「そこまで気にならないため。またビキニラインよりも優先したい箇所が他にあるため。」(20代/女性/学生)
  • 「特に必要を感じない、以前に自分でカットしたり、剃ったことがあったが、チクチクして不快だったのでそれ以降やっていません。」(40代/女性/正社員)
  • 「水着を着る機会がないので、ビキニラインの処理はとくにしていません。」(40代/女性/専業主婦(主夫))

脱毛をしたくないという意見は比較的少なく、水着を着ないので必要性を感じないという声が大半でした。

やはり全身処理となると手間もかかるため、人目につきやすい個所を優先的に処理して、あまり見られない場所は特に処理する必要はないと割り切っている人が多いようです。

デリケートな部分だからこその選択

アンケートの結果、3番目に多かったのはレーザー脱毛に通っているという意見でした。

  • 「プロにお任せした方が、断然楽だし安心だと思ったからです。また料金も良心的なところだったので、決められました。」(30代/女性/個人事業主)
  • 「永久脱毛をしておけば自己処理の必要がなくなって楽になるからです。」(50代/女性/パート・アルバイト)

レーザー脱毛を選ぶ人は、自己処理をする人と比べると、半永久的に処理の必要がなくなる便利さや医療機関で受ける安全性などを重視している傾向が見られます。

デリケートな場所だけに、やはりトラブルの少ない方法で施術をしたいという気持ちがあるのでしょうね。

料金と手間のバランスが魅力?サロンの脱毛

アンケートの結果、最も少数派だったのがその他の脱毛サロンに通っているという回答でした。

  • 「レーザー脱毛は痛いと以前友人に聞いたので、その他の脱毛サロンに通っています。」(30代/女性/無職)
  • 「友達の紹介で安く通うことができるので、安心ができその場所に決めました。」(20代/女性/無職)
  • 「最初は自己処理していたのですが、毛量が多いため、薄くしたいと思い脱毛サロンに通うことに決めました。」(20代/女性/正社員)

自己処理ではうまくできない、かといってレーザー脱毛はハードルが高いと考えている人にとって、手ごろな価格で痛みも少なめ、自分で処理する手間が省けるサロンは魅力的に見えるようです。

友人の紹介やセット割引など、価格面での魅力を評価している若い年代が多いことがうかがえます。

年齢に応じて意見が別れる傾向に

今回のアンケートでは、自己処理やサロンなど、低料金、手軽にムダ毛処理をする人は若い年代が多く、人目につかないから必要ない、逆に料金よりも安全性や確実性を重視したいという意見は年上の年代に多く見られました。

全く興味がないわけではないものの、脱毛したい優先順位から考えるとそれほど高くないため、年代に応じて考え方が異なるのかもしれませんね。

A
D
O

人には聞けない脱毛の話

「脱毛」と一言で言っても、体毛の種類はいろいろです。

お手入れの面倒なところもあります。

親しい友人にもなかなか聞けないのが脱毛のこと。

どれくらいの頻度でしているのか、見えないところはしているのか、などなど。

そのなかでも今回は、やはり人には聞きづらい「Vゾーンのお手入れ」について、みんながどうしているのか、聞いてみましょう。

Vゾーンのお手入れしていますか?

回答

  1. No:54%
  2. Yes:46%

Vゾーンはデリケートな部分。失敗したら痛いし、見えないし

僅差ですが、Vゾーンのお手入れはしていないという回答が多くなりました。

みんなの意見

  • 「デリケートな所なので自分でやるのは何だか怖いし、人にやってもらうのも嫌だから。」
  • 「かみそりで自己流でしてしまい、ちくちくして痛痒くて大変な思いをしたことがあるからしていません。」
  • 「一番にはやり方がわからないから。かと言ってエステティックサロンに行くお金もない次第です。そして何より刃物を使うので怖いからです。」
  • 「面倒くさい。特に手入れをする必要がない。手入れをしなくても問題がない。」
  • 「水着を着ることもないし、そんなに気にして手入れするほどでもないし、人目に触れるものじゃないので。」

デリケートな部分なので、失敗するのは怖いようです。

やり方もいまいちわからないし、人には聞きづらいものです。

一方で、実際に痛い思いをした人もいれば、面倒でやっていないという人もいます。

人目に触れるものではないのに、わざわざ人にやってもらいにサロンに行くのも気が引ける、というところでしょう。

Vゾーンは水着や下着、きわどい部分だけをお手入れ

お手入れをしている人も半数弱いました。

普段は人目につくものではないけど、水着を着たときや着替えのときに、はみ出ているのが見えてしまったらみっともない、恥ずかしい、という意見が多くありました。

みんなの意見

  • 「Vゾーンは下着をはいて邪魔になる部分だけ、毛抜きで抜くようにしています。」
  • 「下着や水着から毛がはみでるとはずかしいので、季節を問わずお手入れしています。」
  • 「夏のように暑いときは蒸れてかゆくなるから、適度な長さにそろえている。」
  • 「一応マナーとして、神経質にはなりませんが自分で処理をしています。」
  • 「もともと毛深い体質なので、手入れをしないと下着からはみ出してしまうこともあります。女性としての最低限のマナーとして手入れはしています。」

人に見られたら恥ずかしいということもありますが、何より自分が快適に過ごせるようにお手入れをしていくことが必要です。

また、「女性のマナー」ということでお手入れを心がけている人もいるようです。

Vゾーンをお手入れするのは、女性のマナーと安全と

Vゾーンのお手入れは、する人としない人がちょうど半数ずつでした。

するのが女性としてのマナーだという意見がある一方で、やはり自分でやるのは怖いし、人にやってもらうのは嫌、など様々な意見がありました。

やはり、お手入れの頻度や程度は人それぞれです。

しかし、やり方を間違えると、せっかくのお手入れが台無しになってしまうことも。

まずはやり方を理解して、自分のちょうどよいと思える範囲でお手入れができるのがよいのでは。

A
D
O

気になるデリケートゾーン!VIO脱毛をして楽になりたい?

女性にとってムダ毛を完全に処理したいと思う女性も多くいますが、VIOラインも例外ではありません。

デリケートゾーンの手入れを怠っていると蒸れやすくなりますし、自分で処理しようとすると思わぬ肌トラブルが起こる可能性もあります。

みなさん、VIO脱毛について、どのように考えているのかアンケートを取ってみました。

VIOラインの脱毛をしたいと思いますか?

回答

  1. Yes:61%
  2. No:39%

見えない美容を心がける?VIOラインを徹底して綺麗にしたい!

アンケートの結果によると、約6割の人がVIO脱毛をしたいと回答していました。

  • 「人に見せない部分だからこそ、いざという時の為に綺麗にしておきたいと思います。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「暑い日や運動後に汗をかいた時に、蒸れてしまうのでスッキリと毛がなければよいと思います。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「脱毛した方が清潔だし気持ちいいと思うので、脱毛したいと思う。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「脱毛したいです。気になる箇所だし、自己処理は難しいので機会があればしたいです。」(20代/女性/専業主婦)

いくら人に見せない部分とはいえ、手入れを怠っていると汗をかいた時などに蒸れてしまいますし、月経時には不衛生になる恐れがあります。

いざ水着や下着を着る時に見えていてはみっともないと感じられますし、脱毛してしまえばスッキリして衛生的にも効率が良いといえます。

自分で脱毛をしようとすると他の部位よりも処理が難しいので、脱毛をするなら美容クリニックなどにお任せするのが安心ですね。

脱毛の必要性よりも恥ずかしさが勝って脱毛しにくくなる?

反対にVIOラインの脱毛をしたくないという人は約4割でしたが、なぜ脱毛したくないのでしょうか。

  • 「気にはなるが、デリケートな部分なので他人に見せるのもいやだし、処理するのもいや。」(50代/女性/パートアルバイト)
  • 「脱毛する理由が見当たらないので。あと、脱毛する時の姿勢を想像するだけでもう無理です。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「正直不安だし、怖い気持ちが先立つから踏み切れない。後のケアが大変そう。」(20代/女性/パートアルバイト)
  • 「したいとは思いますが、施術が恥ずかしいですし、衛生的な不安もあります。」(20代/女性/会社員)

確かに気になる部分とはいえ、デリケートゾーンだからこそ多くの人に見せることはありませんし、自分で処理しようと思っても万が一にデリケートな部分を傷つけてしまうのでは?という心配の声もあります。

また、とにかく照射してもらう際が恥ずかしくてできない、との声もありました。

VIO脱毛は効果的ではあるが、脱毛に踏み切りにくいのが難点?

以上のアンケート結果では半分以上の人がVIO脱毛をしたいと思うようですが、怖かったり、恥ずかしいのでしたいと思わない人も数多くいるということがうかがえました。

VIOラインは他の部位よりも蒸れやすく、不衛生になりやすいものです。

脱毛してしまえば毛がなくなるのでスッキリしますし、手入れに悩むことも少なくなるでしょう。

しかし、そこを脱毛することに抵抗を示す人もいます。

最初は不安や恥ずかしさを感じる方も多いようですが、少しでも気になっているなら、まずはカウンセリングに行って、直接相談してみてはいかがでしょうか?

A
D
O

他人には聞きにくいVIO医療レーザー脱毛、みんなの意見は?

女性ならデリケートゾーンの悩みを抱えてる人、多いのでは?

「キレイに下着を身に着けたい」「水着を大胆に着てみたい」「生理の時蒸れが少なくなる」と聞くけど・・・。

と、VIOの医療レーザー脱毛に興味を持つ女性は多いのではないでしょうか?

ただ、デリケートな話題ですので、なかなか他人に聞いたり相談するのは難しいですよね。

で、今回はVIO医療レーザー脱毛について女性にアンケートをとってみました。

ズバリ「VIO医療レーザー脱毛に興味ありますか?」。

VIOラインを医療レーザー脱毛してみたいと思いますか?

回答

  1. はい:61%
  2. いいえ:39%

VIOの医療レーザー脱毛で悩みからの開放を期待しているようです。

アンケートの結果、「はい」と答えた方が多い結果となりました。

みんなの意見

  • 「下着や水着をきたときにムダ毛を気にしなくてすむので脱毛してみたいです。」(30代/女性/自営業(個人事業主))
  • 「デリケートゾーンなので自分ではとても出来ないですし、毛がないと清潔でいいのでやってみたいと思います。」(40代/女性/会社員)
  • 「少し抵抗があるけれども生理の時に煩わしさが減るというので興味ある。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「Vだけした。いまになってIとOもやっておけばよかったと後悔しているが、子どもが小さくて、また二人目がほしいので継続できる自信がない。」(30代/女性/専業主婦)

下着、水着を着たときに悩まない、生理の煩わしさが減るよう、とVIOを医療レーザー脱毛する事で、悩みや煩わしさから解放されるという期待が大きいようですね。

ただ、デリケートゾーンの施術だけに、抵抗があるという意見もありました。

一部の医療レーザー脱毛だけではなく「全部しておけば良かった」という意見もあります。

忙しい人には、デリケートゾーンの処理時間が短縮されるという効果も期待出来そうです。

「痛い」だけではない、VIOの医療レーザー脱毛をしない理由。

アンケートの結果、「いいえ」が2番目に多い結果となりました。

みんなの意見

  • 「かなりの痛みがあると思うし、あまり見えない箇所なのでそこまでこだわらないから。」(50代/女性/専業主婦)
  • 「皮膚が薄い所なので、痛みを強く感じるのでは無いかと、 怖いからです。」(20代/女性/契約派遣社員)
  • 「施術時に、他人に見られるぐらいなら脱毛したくないです。がまんします。」(30代/女性/無職)
  • 「自分自身がそういう部位を人様にお見せするような生活習慣を持っていないからです。」(40代/女性/専業主婦)

「医療レーザー脱毛」と聞くと「痛い」をイメージするようです。

施術もデリケートゾーンですし、そもそも他人様に頻繁に見せる場所ではありませんから、痛い思いをしてまで脱毛する必要性はないと思っているようです。

「恥ずかしいからしない」「そもそも見せないから必要ない」という意見もありました。

VIOはデリケートゾーンの悩みだからこそ勇気を持ってみよう!

脱毛する事で、さまざまな悩みの解決を期待している一方で、「医療レーザー脱毛」という言葉に恐怖心を抱いてるのが印象的です。

「はい」と答えた人で「VIO全部やっておけば良かった」という意見もあって、処理時間の短縮やさまざまな場面での悩みや煩わしさから解放されるという意見がうかがえます。

「いいえ」からは「見せる場所ではないから」という意見もあって、恐怖心からではなく必要性の問題からの意見は頷けますよね。

ただ、悩みを抱えているなら一度カウンセリングだけ受けてみるのも良いのかもしれませんよ。

「痛い」「恥ずかしい」という思い込みだけで、諦めてしまうのは勿体ない事です。

第一歩を踏み出すいい機会かもしれませんね。

A
D
O

デリケートゾーン脱毛!VIOレーザー脱毛などは話題にできる?

ムダ毛が多いとゆううつ。日頃のケアが欠かせないため大変ですよね。

気になる部位は人それぞれですが、VIO、いわゆるデリケートゾーンも無視できないのではないでしょうか。

ムダ毛の手入れを簡単にする方法として、レーザー脱毛が注目されています。

とはいえ、デリケートゾーンは文字通りデリケートな部位になります。

そのため、親しい人に話すのをためらう人もいるかもしれません。

そこで、デリケートゾーンの脱毛について身近な人に話しているかどうかについて、脱毛を行っている女性100人を対象にアンケートを実施しました。

デリケートゾーンの脱毛をしていること家族や友人に話していますか?

回答

  1. いいえ:61%
  2. はい:39%

約6割の人は秘密にしている!女子会などでも話題にしにくい

アンケートの結果、デリケートゾーンの脱毛について話していない人のほうが多く、全体の約6割に達することがわかりました。

  • 「デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいので周りの人には内緒にしています。」(20代/女性/無職)
  • 「やはり、場所が場所なので、家族でもあまり言いたくないものですね。」(20代/女性/正社員)
  • 「デリケートゾーンが毛深かったと思われるので、人には話したくない。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「聞かれたら、仲のいい友達になら言うかもしれないが、自分から言おうとは思わないから。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「みなさんそうですが、話すことに抵抗があると思います。女子会とかでも話題になりません。」(40代/女性/無職)

恥ずかしいため秘密にしているとの声や、デリケートな部位なので話題にしたくないとの意見も挙げられています。

剛毛だったと想像されてしまうため、慎重になる必要があるのかもしれません。

そのため、自分からは積極的に話さないことが大事ではないでしょうか。

女子会など、異性がいない場所でもためらう人がいることがわかりました。

ムダ毛は誰にも生えているものですが、部位によっては気軽に話せる場合と、そうでない場合があると言えるようですね。

脱毛の話をしている人は約4割!情報発信により友人の参考にも

一方、デリケートゾーンの脱毛を話している人が約4割を占める点にも注目されます。

  • 「色々な人の意見を取り入れておく事で、安心して通うことができます。」(20代/女性/無職)
  • 「女性の友人間では、良く話しをしています。情報交換できるので助かります。」(30代/女性/専業主婦(主夫))
  • 「自分で脱毛していることを話す。とても痛くて辛いと言っている。」(20代/女性/正社員)
  • 「夫には結婚前から話しています。最初に知られた時は驚かれたので脱毛サロンに行った経緯などを話しました。今は、サロンに行った日に報告しています。」(20代/女性/専業主婦(主夫))

デリケートゾーンの脱毛について自分から話すことで、いろいろな意見が聞けるほか、有力情報交換にも役立つ様子が見て取れます。

特に、同性の友人同士で話題にする人が多いようです。

自分で脱毛している人や、脱毛サロンに通っている人もいることがわかりました。

パートナーの男性には話しておくと、脱毛について理解してもらえるかもしれませんね。

脱毛は自分で行う方法もあり、部位によっては痛みを感じることも少なくないようですね。

そのような体験をあえて発信することにより、親しい友人が脱毛するときの参考にできるのではないでしょうか。

デリケートゾーンの脱毛は美容脱毛クリニックでの施術を!

アンケートの結果、デリケートゾーンの脱毛を友人などに話していない人が多く、全体の約6割を占めることがわかりました。

施術部位が微妙なだけに、積極的に話をするには抵抗があるのかもしれません。

毛深い頃の状態をイメージされるのも嫌ですよね。

一方、脱毛をオープンにすることで、お役立ち情報が得られるなどのメリットが挙げられています。

自分の体験談が感謝されるかもしれませんね。

なお、デリケートゾーンの脱毛は、サロンのほか美容脱毛クリニックで受けることもできます。

お手頃価格で受けられるところもあるため、美容脱毛クリニックでの脱毛を検討することをおすすめします。

A
D
O

夏に気になるアンダーヘア…試してみたい処理方法は?

夏に気になるアンダーヘア…試してみたい処理方法は?

日ごと増す暑さに、本格的な夏の訪れを感じる時期ですね。

露出の増える夏は、水着にショートパンツなど、大胆に肌を出すファッションが可能なシーズンでもありますが、そんな時に気になるのが、ムダ毛の処理。

特に、お手入れの難しいアンダーヘアのケアには、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、試してみたいムダ毛の処理方法について、アンケートをおこないました。

今まで試したことがある、もしくは今後試してみたいムダ毛の処理方法は?

回答

  1. 医療脱毛(クリニック):32%
  2. エステ脱毛:29%
  3. 家庭用脱毛機器:26%
  4. ブラジリアンワックス:13%

安心・安全には代えられないから…トップは「クリニック脱毛」

アンケートの結果、1位になったのは「医療脱毛(クリニック)」でした。

みんなの意見

  • 「医療脱毛ならば、痛みが少ない上に、肌のトラブルがないと聞いたことがあるからです。」(40代/女性/パートアルバイト)
  • 「病院のほうがなんとなく安心するし、売り込みがなさそうだから。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「医療脱毛はお金はかかりそうですが、安心して受けられるし、きれいになりそうなので。」(40代/女性/パートアルバイト)

全体の3分の1近くの回答を得た、医療脱毛。

この回答を選んだ方はやはり、安心感・安全性を重視されているようです。

確かに、美肌を手に入れるために通った脱毛で肌が荒れてしまっては、何のために出向いたのかと、がっかりしてしまいますよね。

また、クリニックでの脱毛であれば、エステサロンで施術を受ける際に心配な、強引なセールス等の可能性が低いのではないかとお考えの方もいらっしゃいました。

エステにホームケア、話題のブラジリアンワックスも…

2位以下は順に、「エステ脱毛」「家庭用脱毛機器」「ブラジリアンワックス」という結果になりました。

「エステ脱毛」を選んだ方のコメント

  • 「ワキの脱毛は今まで2箇所のサロンでやり、満足した効果を得られているので今後も続けていきたい。」(20代/女性/契約派遣社員)

「家庭用脱毛機器」を選んだ方のコメント

  • 「皮膚科の看護師さんに見られるのもちょっと恥ずかしいので、自分でかってにできるものがいいです。」(20代/女性/学生)

「ブラジリアンワックス」を選んだ方のコメント

  • 「テレビで良く見かけるのでブラジリアンワックス試してみたいです。」(30代/女性/専業主婦)

エステサロンでの脱毛は、最近特に店舗数を伸ばしているようです。

「お店での脱毛」は、どんどん身近になりつつあるのかもしれませんね。

家庭用脱毛機器に関しては、アンダーヘアを他人に見られずに済むという声が目立ちました。

また、ブラジリアンワックスを用いた脱毛については、テレビや雑誌等の特集を読んで興味を持った…という人が多いようです。

肌は一生モノだから…安心・安全な脱毛方法を選んで!

いかがでしたでしょうか。

アンダーヘアと言えば、欧米では、お手入れするのが「当たり前」…そして女性に限らず、実は男性でも、万全にケアされている方は少なくないようです。

最近では日本でも少しずつ、そういった感覚が広まりつつあるようで、クリニックやサロン、脱毛機器の売り上げも増加傾向にあるとか。

アンダーヘアなどは粘膜も近いので、脱毛の実施に置いても、細心の注意が必要です。

脱毛方法を検討する際には、安心・安全の観点も、忘れずにチェックしておきたいですね。

A
D
O

Vラインの脱毛、どうせやるならどのデザイン?

だんだん暑くなってくる、女性ならばムダ毛が気になってくる方もいますよね。

特にVライン周辺のムダ毛は海やプールなどではみ出していたらどうしよう…と気にしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

一昔前まではアンダーヘアの処理は一般的ではありませんでしたが、最近では多種多様な脱毛機関があり、VIOラインの脱毛を売りにしているところもあります。

しかし、いざやろう!と思い立ってもデザインをどうしたら良いのか、迷ってしまいますよね。

そこで、Vラインの脱毛をするならば、どのデザインがよいと思うか、アンケートをとってみました。

Vライン脱毛、試してみたいデザインは?

回答

  1. トライアングル(逆三角形):43%
  2. 全部剃る(ハイジニーナ):36%
  3. デザイン(ハート型など):13%
  4. フィンガー(一直線型):8%

できるだけ自然に…トライアングルが人気!

アンケートの結果、トライアングル(逆三角形)と答えた人が一番多い結果となりました。

  • 「この中で一番自然な形だと思うし、仮に見られても恥ずかしくないから。」(20代/女性/専業主婦)
  • 「あまりにも、奇抜だと男性に引かれそうなので、整えているなと感じるくらいのささやかなものがいい。」(30代/女性/パートアルバイト)
  • 「あまり個性的な形は結局恥ずかしくなりそうなので、整える程度の形がいいかなと思います。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「以前全部剃ったことがありますが、温泉に行ったとき周囲の人がジロジロ見るのが嫌でした。」(40代/女性/会社員)

自然な形に近づけておきたい、男性に引かれそう、恥ずかしくない程度にとどめておきたい…という意見が見られました。

アンダーヘアは温泉や更衣室など、やむを得ず他人に見せることになってしまうこともありますから、服装などと同様に奇抜でない、「恥ずかしくない程度のきれいさ」ということを重要視している方が多いのかもしれませんね。

快適性重視?かわいさ重視?それとも…

トライアングル(逆三角形)に次いで多かったのは、他2つと大きく差をつけた「全部剃る(ハイジニーナ)」、そして「デザイン(ハート型など)」、「フィンガー(一直線型)」の順となりました。

▼「全部剃る(ハイジニーナ)」を選んだ方のコメント

  • 「もうやっていますが、ムレなど気にせず、衛生的な気がします。生理中特に感じました。」(40代/女性/会社員)
  • 「凝ったデザインにすると、あとからお手入れが大変そうだなあと思う。」(40代/女性/パートアルバイト)

▼「デザイン(ハート型など)」を選んだ方のコメント

  • 「ただ、どうせためすなら可愛いほうがいいので、ハート型を選びました。」(40代/女性/専業主婦)

▼「フィンガー(一直線型)」を選んだ方のコメント

  • 「毛が濃いのでなるべく目立たなくしたいのですが、ハイジニーナはちょっと恥ずかしいので少しは残したいかなと思ったりします。パンティからはみ出さなければいいかなと。」(30代/女性/契約派遣社員)

2位以下では重視している点が選択肢によって大きく異なることがわかる結果となりました。

アンダーはデリケートですから衛生面やお手入れの頻度などの快適性も気になりますし、どうせやってもらうなら個性的でもかわいくしたい!という気持ちなど、やはりさまざまな好みがあるようです。

自然さ、快適さ、可愛らしさ…あなたはどれを選ぶ?

今回のアンケートでは、自然さを求めてトライアングルにしたい!という意見が一番多いという結果でしたが、快適さを求めて全部剃りたい!と考えている方もかなり多くいることが分かりました。

そのほかの項目でも可愛らしさや、恥ずかしさと快適さのバランスを取りたいという方も一定数いるようです。

どれを選ぶにせよ、アンダーヘアのデザインはこれからの生活を心地よくする一つの要素になるのかもしれません。

足や腕などのムダ毛処理に合わせて、海水浴やプールなどの夏のイベントを楽しんだり、日常を少しでも心地よく過ごすためにも、アンダーヘアのデザインカットについて考えてみてはいかがでしょうか。

A
D
O

話題のVIO脱毛!どんなメリットがあるの?

VIO脱毛とは、いわゆるデリケートゾーンの脱毛のことをいいます。

自分では処理が難しい部位だけにプロの手で処理してほしいと思っている人も多いようですが、施術を受けることにちょっぴりハードルを感じる人もいるかもしれませんね。

そのハードルを乗り越えてでも処理したい、と思うのには一体どんな理由があるのでしょうか。

皆さんが思うVIO脱毛のメリットについて、アンケートをとって調べてみました。

VIO脱毛して良かったと感じたことはなんですか?

回答

  1. 水着を着用した時に気にならなくなった:36%
  2. 生理時の衛生面:35%
  3. 夜の営みの時に気にならなくなった:16%
  4. デリケートゾーンのお手入れがしやすくなった:13%

水着からはみ出す心配もなく堂々とおしゃれを楽しめる!

アンケートで最も回答数が多かったのは「水着を着用した時に気にならなくなった」という意見で、36パーセントとなっています。

  • 「VIO脱毛をする前は、VやIを自己処理してからでないと水着からはみ出る毛が気になって、水着が着れませんでした。ですが、脱毛してからは、気にせず水着をきれるようになりました。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「水着を着る時にいつも抜くか剃るかしていた。自己処理すると、生えてきたりする時にチクチクしたり、自己処理した後に、赤いプツプツができたりと悲惨だったのが、なくなって良かった。」(30代/女性/会社員)
  • 「水着を着た時、どうしても気になってしまっていたのですが、VIO脱毛のおかげで、自信がもてるようになった。」(40代/女性/専業主婦)
  • 「以前は水着を着るのがとても嫌だったけど脱毛してからは、色々な水着が着られるようになった。」(40代/女性/専業主婦)

アンダーヘアで一番問題なのは、水着を着たときにはみ出してしまう恐れがあること。

女性としてはとても恥ずかしいことですし、気になって海水浴なども安心して楽しめませんよね。

中には自己処理をしていた人もいるようですが、面倒なうえに肌にもダメージとなり、あまりおすすめはできません。

一度すっきり処理してしまえば、ハイレグのような大胆なデザインの水着も自信を持って着ることができ、夏がますます楽しくなりそうですね。

見た目だけでなく清潔感も重要!夜や生理時もこれで安心

続いて2番目に多かったのは「生理時の衛生面」で1番目と僅差の35パーセント。そして「夜の営みの時に気にならなくなった」「デリケートゾーンのお手入れがしやすくなった」と続いています。

  • 「生理の時の不快感が全く違います。 むれやにおいも激減しました。」(30代/女性/専業主婦)
  • 「1か月に1回数日間は必ずお付き合いしなければならないけれど、脱毛した事で不快感が軽減されました。」(30代/女性/自由業・フリーランス) ・
  • 「やはり肌が触れ合う部分なので、出来るだけ清潔に保つなら、脱毛をオススメします。」(20代/女性/学生)
  • 「面倒なムダ毛の処理を頻繁にしなくても良くなって、お手入れがしやすくなりストレスも減った。」(20代/女性/パートアルバイト)

回答は3つに分かれていますが、共通していえるのは「清潔感」ということではないでしょうか。

特に生理の際の蒸れやニオイなどは、不快なうえにエチケットとしてもとても気になるところ。

夜の営みの際も恥ずかしさだけでなくパートナーへの配慮からも処理した方が良いという意見が見られます。

さらにデリケートな部分のお手入れを自分で行おうとするととても難しく、気を遣います。

とにかくプロに任せてしまうのが良い、というのはうなずけますね。

蒸れや見た目の心配にさよなら!施術は信頼できるクリニックで

腕や脚、脇などの脱毛は美容の観点から行う人が多いかもしれません。

VIOに関しては、水着のおしゃれやパートナーへの配慮など見た目の部分もありますが、デリケートゾーンを清潔に保つというのも大きな目的です。

毛があることで血液がついたり雑菌が繁殖しやすくなるため、ニオイやかぶれなどの原因ともなります。

ムダ毛がなくなればそうした悩みからも解放されるわけです。

もちろん非常に敏感な部分なので、信頼できるクリニックで安心・安全な施術を受けるようにしたいものですね。

-未分類

執筆者:

関連記事

脱毛サロン銀座カラーについて

全国展開している銀座カラーですが、天神店は福岡に1店舗しかない貴重な存在です。 福岡県、いや九州で銀座カラーで脱毛をしたいと思っても福岡の天神まで通わなければなりません。 もっとたくさんの店舗があれば …

脱毛の初体験!恐怖を克服できたのは何のおかげ?

夏などの肌を出す機会にあわせて脱毛をしてみたいと思っても、初めてだったら恐怖心もあり勇気がいりますよね。 それに痛みだったり費用の面だったりちょっと気後れしてしまうこともありますよね。 そんなとき、脱 …

東京在住の女性の脱毛事情。全身脱毛やレーザー脱毛の経験は?

福岡は「キレイな女性が多い」と思われている、日本一の都道府県です。 でも、日本の中でもさまざまな地方から最も人が集まる東京はどうでしょうか? おしゃれなショップが集まり、医療脱毛クリニックも数多くあり …

女子大学生はレーザー脱毛や全身脱毛に通っている?

大学生になると自分の魅力をアピールするためには「自分磨き」は大きな課題ですよね。 ヘアメイクや衣装選びだけでなく、ムダ毛の処理も大事ですよ。 そのためには、レーザー脱毛などの安全な脱毛の施術を選ぶ必要 …

自己処理が苦手な人はレーザー脱毛がおすすめ!!

メイクやダイエット・お洒落など、美しさに磨きをかけたいというのは女性の心理ですよね。 ただ忘れがちなのがムダ毛の処理。 肌の露出が多い季節は、自己処理やエステで脱毛をして気をつけているのに、思わぬ場面 …